DSC_7448

貴之

小学生の頃から芸能界、テレビ、音楽が大好きで、いくつもの音楽番組で自分の好きなアーティストや好きな歌をビデオテープに撮りためては、何度も見て、一緒に歌ったり踊ったりしていた。
その頃から漠然と、将来は自分も芸能人になりたいという夢を持ち始める。
主にJ-Popやジャニーズなど、年齢とともに様々なジャンルに興味を持ち、中学生の時にバンドに出会い、お年玉でギターを購入し、学校の軽音楽部の先生や友人などからギターを習いはじめる。
高校に進学し、音楽好きの気の合う友人に出会い更に音楽に深く関わっていき、その友人達と軽音楽部に入部し、ギターのバンドとボーカルのバンドの2つを掛け持ちし、そのバンドで人生初ステージに立って、更に歌う事にハマっていく。
時同じくして、中学3年生頃から、日本でR&Bのテイストを取り入れた曲が広まっていき、自然と耳にするようになった事で、知らなかったジャンルに触れ、バンドと同じくらいR&BやHipHop、Black Music に魅了されていく。
そこから海外のR&Bアーティストなども聴き始めて行くうちに、2001年に行われた、USHERの8701ツアーのライブ、パフォーマンスの映像を見て衝撃を受け、自分がやりたい音楽はR&Bなんだと確信する。
他にも、OMARION、Marques Houston、Boyz II Menなど、主に90年代〜00年代前半の音楽性のアーティストに興味を持ち、同時に憧れを抱いていく。

高校を卒業してからはバンド活動を辞め、R&Bシンガーを目指してボーカルレッスンに通い始め、いくつかのライブに出演するも、更なるステップアップを目指し2008年、avex artist academyに通い始める。
レベルの高い中で数々の事を学びながら1年間通い、別の道を歩むため卒業。
2010年、次の活路を見出せないでいる中、元々憧れていた ex DA PUMPのKenさんが受け持つダンススクールが開校すると聞き、ダンスレッスンを開始。
そこで出会った1人のアーティストの紹介で現在の事務所を紹介してもらい、体験レッスンを受けに行った際、自分が手に入れたいスキル、音楽に対する関わり方、考え方が見事に合致する現事務所と出会い、その場で所属を決意する。
黒人音楽であるR&B、HipHopのカルチャーを、日本人として体現すべく日々活動を続けている。

OTOMINATO official

GO TO TOP